歯科医師

いびきの防止にはマウスピースが良い|歯医者で作ってもらえる

歯は根元が大事

治療室

虫歯が進行すると歯の根元にまで到達してしまいます。そうすると歯の根元にある神経を伝って激しい痛みに襲われてしまいます。この様な状況が続くとさらなる歯の悪化につながるので神経の除去を行います。この治療を根管治療と言います。根管治療は虫歯が進行し痛みが強い場合や神経がすでに死んでいる場合などに行います。その他にも歯茎や歯の根元に膿が溜まっている場合や腫れが酷い場合に行います。根管治療を行う必要がある場合のほとんどは強い痛みや腫れが口内にある為早めの治療が必要と言えます。

根管治療は細菌によって汚染された歯の根を治療していきます。歯の中に穴を開け根元に向かって汚染部分をそぎ落としていきます。この時汚染部分が残ら無い様にする事が何よりも大事です。汚染部分の除去が出来たら専用の薬品で穴をふさいでいきます。ゴムの様な薬剤になるのでしっかり密着して歯の中に埋めていきます。この時に空気が入ったり隙間が出来たりすると痛みや再感染の原因になるので注意しましょう。歯の神経を除去し汚染部分を綺麗にそぎ落として薬剤を詰めたら根管治療はほぼ完了です。治療が完了した後にはレントゲンでの確認も必要不可欠です。レントゲンで歯の根元までしっかり薬剤が詰まっているか確認しましょう。レントゲンの説明をしっかりと医師に行って納得出来る治療にしましょう。

根管治療の際には痛みが伴いますが麻酔で抑える事が出来ます。治療後は多少歯茎に腫れが生じる場合や膿が出る場合もありますが薬を飲んで対処する事が出来ます。